アメリカ工具MAC TOOLS【マックツールズ】正規代理店TOOLS&DREAMS【ツールズアンドドリームス】

取扱いブランド                  ※ロゴをクリックして各オフィシャルサイトへ。。。

MAC TOOLS

          MACTOOLSは、1938年アメリカオハイオ州サバナにラルフ マクファーソンとオットー タッカーを中心とした7人の仲間によって創設され、虎の子の5,500ドルで中古の機械と古いガレージを手に入れ、3種類のレンチ造りから始まりました。
生産が軌道に乗ると共に、当時既に独自の販売網を確率していた「マクファーソン・ハフ社」にその販売を全面的に委託し、順調に製造ラインは拡大していきました。その後、ソケット製造にかけては業界一と名声の高かったクレム プールが「メカニック ツール & フォージ社」に参画し、さらに「クリントン ツール社」との2社体制で、レンチ、ポンチ、チゼル、ソケット、ドライバー等と製品ラインが拡充されました。
1945年、ハンドツール業界20年というキャリアを持つルイス ダラーが入社し、「マック アライド ツール社」が設立され、「メカニック ツール & フォージ社」、「クリントン ツール社」、「マック アライド ツール社」の3社はそれぞれに成長をとげるが、その商品群は愛称“MAC”を共通に使い、メカニック達に親しまれました。
1961年、「メカニック ツール & フォージ社」は「マック ツール社」に社名変更し、1963年、そこに「クリントン ツール社」が合併し、さらに“MAC”の業界での地位は不動のものとなりました。
1980年にスタンレーワークスのメンバー企業として合併。マックツールズ地区代理店による独特の販売方法(バンセリング・システム)は、アメリカ国内のみならず、カナダ、イギリス、そしてこの日本でも展開され、過酷な現場に求められる多用なニーズにお応えする「アメリカン・ベストツール」として、プロメカニックから絶大な評価を得ています。

TOOLS&DREAMSはMACTOOLSの正規代理店です。詳しい入荷情報はブログをご覧ください。

MOTUL


       MOTULは今から150年前の1853年、ニューヨークで設立されました。
その当時は、自動車その物がまだ発明されていませんでしたので、電灯用の燃料として鯨のオイルを製造していました。
その後、ロックフェラー・グループのスタンダード石油の一部門として活動しましたが、1919年の財閥解体によりスワン・フィンチ社として独立しました。
スワン・フィンチの時代にアメリカでのビジネスを確立し、更にヨーロッパへの輸出も開始しました。フランス市場の代理店であったゾウグ・ファミリーは、将来の潤滑油市場の拡大を予測し1932年、MOTULブランドをスワン・フィンチ社より買収し、それ以来フランスのMOTUL社としての活動を開始いたしました。
MOTULは、自動車用内燃機関の将来の性能向上を予見し、早くから潤滑油の高性能化に取り組んできました。
つまり、MOTULの歴史その物が、自動車用潤滑油の進化の歴史と言えるのです。
以来、ターボ・エンジン用、触媒マフラー適合タイプなどのエンジン・オイルのみならず、ブレーキ・フルード、ミッション・オイル、ショック・アブゾーバー・オイル等の高性能化に、化学合成技術を投入することにより、次々と斬新な製品を開発してまいりました。
このような、技術革新を素早い製品化という形で世に問う姿勢は、同じく既存技術に満足しない自動車やオートバイ・メーカーのみならず、多くのレーシング・チームや市場のオピニオン・リーダーの賛同を得てまいりました。
現在、フランスに本社を置くMOTUL社の製品は、日本を含む世界の65カ国で販売されており、それぞれの市場で高性能オイルとしての高い評価を得ています。

TOOLS&DREAMSは販売店様への卸販売のみで一般の方への販売は致しておりません。

AUTO GLYM

           「オートグリム」は英国生まれのカーケア・ケミカルブランド。
プロ用ケミカルとして育まれてきた、その優れた性能と信頼から、現在では世界40カ国以上の国々で、自動車メーカー・インポーター・カーディーラ・磨き業者をはじめとする多くのプロフェッショナルから支持されているブランドです。
 そして、そのテクノロジーを惜しみなく投入した小売用レンジが、世界のカー・エンスージャストに愛用されている事は、決して偶然ではありません。
 世界の各モーターショウでプロが選ぶクオリティ、「オートグリム」、英国王室御用達。 

DIADORA Utility

           イタリアからの安全作業靴。ディアドラ・ユーティリティ。
1948年、イタリアはベネチアの西北カエラノに、ひとつの靴工房が生まれました。創始者マルチェロ・ダニエリはこれを「DIADORA」と名付け、登山靴の製造を始めました。。
洗練されたデザインと、高い信頼性と安全性を備えた靴を生み出し、飛躍的な成長を遂げる事になりました。
最近のディアドラ・ユーティリティは、鈴木亜久里率いるARTAと共にピットクルーに様々なシューズを提供して、耐滑性や作業性、耐久性などのデータをフィードバックしながら新しい商品を開発しています。
『DIADORA』とは、ギリシャ語で「神より賜りし至上の贈り物」。

inserted by FC2 system